長門市社会福祉協議会ホームページへようこそ 

news2015.3.15-1

Home社協NEWSのバックナンバーH26年度 バックナンバー>わくわく土曜塾で、福祉体験学習を行いました☆

わくわく土曜塾で、福祉体験学習を行いました☆

  わくわく土曜塾の様子  わくわく土曜塾の様子

 平成27年3月14日(土)、長門市中央公民館の「わくわく土曜塾」で、福祉体験学習を実施しました。わくわく土曜塾は、小学1~6年生をたて割り班として「多用な体験」をテーマに活動を展開しており、福祉体験を毎年とり入れています。
 今年の体験学習の内容は以下のとおり。いっぱい体験して、福祉について少し関心が深まったのではないかと思います!

福祉体験学習の内容

5つの体験コーナーを設けて各班で活動。

  1. 相手にきちんと伝えよう(手話・ジェスチャーゲーム・絵で伝えるゲーム)
  2. お金を数えてみよう・ボックスの中身は何かな(アイマスク)
  3. 点字を読んでみよう(エレベーター・階段の手すりにある点字の解読、社協が準備した点字の解読)
  4. ピンポン玉でキャッチボールをしてみよう(アイマスクをして、盲人卓球に使用されるピンポン玉を転がし、キャッチするゲーム)
  5. 車いすをおしてみよう(車いすの開閉、実際に乗せておす体験)

長門市社協は、学校や地域における福祉教育を支援しています!

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional