長門市社会福祉協議会ホームページへようこそ 

news2018.3.19-1

Home>社協NEWS>長門市災害VC設置運営に関わる職員全体研修を行いました

災害ボランティアセンター設置運営に関わる職員全体研修 開催

災害VC設置運営研修1

▲過去に氾濫したことがある掛渕川が氾濫した想定でのニーズ

 長門市において重大な災害が発生した場合、長門市社協が「災害ボランティアセンター」を設置し、行政や各関係機関と連携を図りながら被災者の支援および復興活動支援を行います。
 発災後、長門市社協で「災害ボランティアセンター」を迅速に設置し、円滑に運営できる体制づくりを行うため、職員間で共通認識を深めることを目的としてこの研修会を開催しました。

災害VC設置運営研修2 災害VC設置運営研修3
▲マッチング                       ▲ボランティア受付

 これまでに、「総務班」「ボランティア受付班」「ニーズ班」「マッチング班」「資材班」「車両・送迎班」「救護・衛生班」の班ごとでの研修が行われ、3月16日(金)には7班合同の全体研修を行い、46名の職員が参加しました。

災害VC設置運営研修4 災害VC設置運営研修5
▲資材の受け渡し                        ▲車両での出発確認

 全体研修では、水害を想定した災害ボランティアセンターの流れの確認を主に行い、過去の近隣での災害ボランティアセンターでの様子や資機材を保管しているストックヤード等の紹介も行いました。

災害VC設置運営研修6 災害VC設置運営研修7

災害VC設置運営研修8
▲近隣での災害ボランティアセンターの活動の様子や資機材を保管しているストックヤードを紹介

 今後も、いざという時のために、平常時より職員間の連携をより広げ、深めていきたいと思います。

 ※たけのこ村敷地内には、災害用資機材倉庫があります。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional